2017年4月1日土曜日

2013年のアジア旅 13!バリのお葬式を追っかけ♩

お店をはじめる以前の、ネパール〜東南アジア、バリ。3ケ月半の旅(*^^*)
最後の最後をアップしそびれてたので、今更ながら書いてみました〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・

バリ島ウブドでよく食べたのは、ごはんに蒸し野菜とピーナッツソースがのったガドガド〜♩

アジアごはんは野菜がたっぷりおいしい!お肉もおいしい!
普段あまり飲まないお酒も、国外にでたらおいしくて飲んでしまいます◎幸せやなぁ。。
宿のテラスで、宿のファミリーや知り合った方とごはん♩
うれしそー、私。笑笑

宿のワンコ( ´ ω ` 

いったんウブドからサヌールに帰ります。
、、そもそもタイからバリに来たのは、お家を数日あけるりゅうさいさん(私のチャイや雑貨の師匠です✧)一家の代わりにお留守番するため。
初めてのバリで、お家で1人ポツーン( ´ ▽ ` )
海外暮らし気分を味わい、チャリンコで海や町にでかけたりしました〜。

ビーチで出会った学生さんたち。
違う島から、学校の行事でバリに来たらしく。みんな顔がイキイキしてる。。!


ご近所のお店でおやつを買ったり。


ごはん屋さんは、好きなものを選んでテイクアウトできます。
お家で炊いたごはんにのっけて、いい感じのワンプレートのできあがり✧
これで150円くらいかなぁ♩


髪も、切ってみました( ´ ▽ ` )ノ!
女子向けヘアーサロンにて、200円くらいやったかなー???
カットは剃刀のみ(!)でドキドキしたけど、仕上がりはそれなりに (・∀・)ノ 

今までバリ、ネパール、ラオスで髪切ってみたけど、いちばんデンジャラスやったのはネパール、かなあ。
(ハサミでザク切り、停電の恐れあり。笑)


さてさて!
サヌールから再びウブドへ向かいます!
なんとなんと、目的のひとつだった、バリ式お葬式”ガベン”が行なわれるとの情報をゲットしたのです✧✧

これ、偉い人や裕福な人が行うもので、巨大な牛などのハリボテが作られ、いったん土葬しておいた遺体を入れた棺とともに、町の火葬場まで、大勢の人が神輿を担いでパレードさながらに運んでゆくんです!

神輿をつくるお金がたまるまで、できあがるまで、、という感じで土葬しておく事もあるらしく、けっこうグロそうやけど、、(^^;;

ウブドの中心部へ。
わー!いてました、牛さん (๑✧◡✧๑) 
下に、棺らしきものがあります。

かなり偉い人らしく、神輿は3台。
神様の頭部の飾りなども多くて豪華!


通りは見物の人でいっぱい。地元の人もツーリストもお祭をみる感覚。
消防車も待機してるんやけど、子供の遊び場に( ´ ω ` 

私もなんとか見える場所で始まるのを待ちます。
少しずつ動きだして、まずはお葬式のご本人!

この後、祈りや音楽の行列も続きます。
そんでそんで、牛さんたちも担がれて通ります! みんな大興奮でワヤクチャでした!
ほんま祭って、パワーがすごい。
いや、祭ちゃうんやっけ一応?!(; ̄O ̄)
南大阪育ちの私は、やっぱりだんじりを思い出します◎

全部通りすぎたら、火葬場へ!
着いたら既に、神輿は火だるまでした(・_・;

神輿の残骸に登れたので、上からの眺め。


こうやって盛大に火葬されるんですね〜
取りだされたお骨は、親族が祈りを捧げ、何かの色粉と一緒に粉々に砕かれ納められました。

日本とは全く違うスタイルに、魂や生きる死ぬ、信仰など、捉え方は様々だと感じました。

やっぱりお祭みたいに屋台出てたりするしね。笑
知りあった日本のお姉さんと買い食い(^ ^)

で!
ちょうど、この数日何度か道で声かけられて立ち話したことある”自称”シャーマンのバリ人のお兄さんが通りすがりに登場。
なんで海外て、どんなに人混みでも広くても、会う人には会うんやろ( ̄▽ ̄)

日本語ペラペラであやしい彼は、やっぱりあやしくて、日本人お姉さんもナンパ済みやったし、
実は、実際に詐欺やらなんやらでちょっと有名な人物らしいって事が発覚するのは、私が日本に帰国してから。笑

火葬場で会った流れで、私とお姉さんは彼のお店に立ち寄り、3人でインスタントラーメンをつくって食べました( ̄▽ ̄)
コーラもその場で買ったからあやしくないですよ 笑笑

なにもなく無事解散◎
たぶんね、私たちが貧乏、貧乏って連発してたりとか。
あと、やっぱり、なんとなくあやしい人とは、あやしいなりの距離感で接してます、一応。笑


ウブドは、あとはやっぱりアート!
まだ行ってなかった美術館へ行き、素敵な本にホクホク(*^^*)
スコールで足止めされたのをいいことに、カフェで長居していろんな本を眺めました♩




それから!
闘鶏も見にいきました。
チキンファイト。鶏たちが足に鋭利なナイフをつけて闘います。賭け事です。女人禁制。(なんやけど、知りあった方の紹介で、外国人なので入れてもらえました〜)

自分の鶏をつれて集まる男の人たち。
1対1で、勝負は割と早くつきます。切られちゃった方が負け。

普段あまり日本で見ないものやし、命かかってるので賛否あるかもやけど、こういう文化はいろんなとこであって、バリでは昔から男の人たちの娯楽の1つなんですね〜
やっぱり命や魂の感覚の多様性を感じました◎



バリ滞在、残りはウブドからサヌールに戻り、数日近場をまわり。そして久しぶりの日本に帰国しました。
ネパールからの3ヶ月半。。
まだまだ周りたかったけど(^ ^


この後、チマチマ集めた雑貨たちとチャイで、nyauとして出店しはじめたのが4年くらい前とは、早いもんです。(日根野に実店舗をつくったのは、もおちょい後。)

結局何度も海外に行ける生活になっているのはうれしいことですね(*^^*)

長いの読んでくれて、ありがとうございます✧✧

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は日本でお店やってますよ!笑
旅ブログは、ウェブバージョンの”旅”カテゴリーからたどって見てもらえます( ´ ▽ ` )ノ

テリマカシ〜♩


・・・・・・・・・・・・・・・
* あじあ雑貨とチャイnyau(にゃう)
泉佐野市日根野3925
(JR阪和線 日根野駅から徒歩4分。イオンモール手前)
niiniidon@gmail.com
open 11:00〜20:00くらい
定休日 水曜日
http://namastenyau.blogspot.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿